REACH24H GROUP CONSULTING


| English | Chinese|
 ホーム 各国GHS対応サービス(SDS・ラベルの作成)

グローバルGHS 欧州連合CLPへの対応サービス

GHSの概要

『化学品の分類および表示に関する世界調和システム』(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals。GHSと略称、「紫皮書」とも呼ばれる) は、国連が2003年に出版した、各国の化学品の分類及びラベル制度の統一構築を指導するための規範的文書です。そのため、国連GHSとも呼ばれています。国連GHSは2年おきに1回修正し、2005年に初めて修正し、2019年のは第8修正案です。2002年国連持続発展可能世界首脳会議では、各国が2008年前にGHSを実行することが激励されました。国連GHSと合致させるために、各国は相応した法規を公布しました。その中で、欧州連合は2009年にCLP法規を施行し、中国は2011年より中国GHSを正式に施行し、アメリカは2012年にHCS標準を正式に発表しました。

GHSのコア内容

 ghspic1.jpg

(M)SDSの概要及び出所

概要: SDS(Safety Data Sheet)とは、安全データシートのことです。つまり、製品の成分情報や物理と化学特性、危険有害性識別、安全使用措置、保存情報、運送措置などの情報に関する総合的な書類であり、サプライチェーンにおける情報伝達の主な方式の一つです。
出所:SDSは世界各国GHS (Globally Hamornized system of Classification and labelling for chemicals) 法規に定められた企業義務の一つです。
MSDS: SDSは特定の国でMSDS(Material Safety Data Sheet、材料安全説明書)と呼ばれ、MSDSはSDSとサプライチェーンにおける役割が完全に同様です。

中国GHSについて

中国GHSは、『危険化学品安全管理条例』、『危険化学品登録管理弁法』、分類方法に関する国家基準、SDS及びラベル作成に関する国家基準などからなる法規体制です。その内、『危険化学品安全管理条例』は中国GHSの管理に関する最高法規です。2011年2月16日、国務院第144回常務会議では、修正された『危険化学品安全管理条例』が正式に可決され、2011年12月1日に正式に施行されました。それは、中国が国家行政法規の高度から国連GHSを正式に施行し始めたことを示しています。

中国の現行GHSに関する具体的な国家基準の施行

ghspic2.jpg

中国GHSへの対応が必要となる物質は?

  • 『危険化学品目録(2015版)』に収載されている化学品
  • 危険性鑑定を経て危険化学品に該当する化学品
  • 企業が危険有害性データを把握し、且つ28項目の国際分類に従い、危険有害性ありと思われる化学品

中国GHSにおける企業義務

中国GHSを施行した後、企業にとっての義務及び対応タイプの一部は以下の通りです。

SDSとラベルの作成 危険化学品を取り扱う企業全体
NRCCへの危険化学品の登録  危険化学品を生産・輸入する企業

 

欧州連合CLPについての紹介

欧州連合は国連GHSに基づき、REACH法規の施行進捗を結び付けて、2009年1月20日に『欧州連合物質及び混合物の分
類・ラベル・包装についての法規」を発表し、CLP法規というです。並びに2010年12月1日より、2015年6月1日より、それぞれ化学物質と混合物に対して全面的にCLPを実行することにしました。

欧州連合 CLPへの対応が必要となる物質は?

ほとんどのヨーロッパに輸出される物質及び混合物は、トン数に問わず、対応しなければなりません。

  • 欧州連合 REACH法規において登録が必須なすべての企業の物質
  • 1トン未満/年の危険有害性のある物質及び混合物
  • 原料薬、危険有害性のあるポリマー、農薬など

企業はいかに欧州連合 CLP法規に対応するか

  • 製品の再分類を行うこと
  • 製品ラベル及び包装を更新すること
  • SDSを更新すること
  • CLP通報(Notification)を行うこと

注:ヨーロッパへの輸出する企業が上記活動を未完成の場合、製品は欧州連合の市場への進出が不可能になります。進出した場合、欧州連合の各加盟国の法律執行当局による検査を受けなければなりません。例えば、高い割合の罰金、商品の没収、さらに監禁などを受けるおそれがあります。

欧州連合、中国、アメリカのGHSについての比較分析

ghspic3.jpg

我々のサービス

  • 国連GHS/欧州連合CLP/アメリカGHS/中国GHSに対応トレーニング
  • 国連GHS/欧州連合CLP/アメリカGHS/中国GHSの要求に応じる製品分類の更新、要求に合致する化学品安全データシートSDS/MSDS/ラベル及び包装の設計
  • 英語・ドイツ語・フランス語その他な言語との多言語バージョン及びhtml、docなどの多様化のフォーマットのSDS/MSDS/ラベル
  • 既存SDS/MSDS/ラベルへのチェック
  • CLP法規の要求に応じるC&L通報書類の作成・提出
  • GHS法規が施行されている国の基準に適合するSDS/MSDS/ラベルの作成(日本、韓国、タイ、マレーシア、インドネシアなど)

我々の優位性

  • 優れたプロの技術チーム、中国国内初の法規研究の技術チームの一つであり、しっかりとした技術的保障提供可能です
  • 長年にわたる世界各国GHS法規についての研究及び技術コンサルティングサービスの経験があり、優れた技術サービス提供可能です
  • 2019年現在、35000以上ものSDS/MSDS/ラベルの作成経験があります
  • 官庁及び専門家と長期にわたる友好的なコミュニケーションルートを構築し、サービスの品質と効率を保証可能です
  • 英語、韓国語、日本語など多言語を堪能なカスタマーサービススタッフを持ち、全世界のお客様及びパートナーに効率的なサービス、並びにワンストップ・コンプライアンス・サービスを提供します

▲ページトップへ戻る

イベント情報

Online開催
2020.10.19-11.18
 
横浜開催
 
東京開催
2018.11.05/08
第二回化学物質管理政策最新動向セミナー【TWN】【KOREA

 ホーム 各国GHS対応サービス(SDS・ラベルの作成)