REACH24H GROUP CONSULTING


| English | Chinese|
 ホーム ニュースリリース 米国|内国歳入庁、スーパーファンド化学品物品税の復活に係わるFAQを公表

影響を受ける可能性のある納税者や税務専門家のためのFAQ

 2022年06月24日、米国の内国歳入庁(IRS)は、スーパーファンド化学品物品税(Superfund chemical excise tax)の復活に係わるFAQを公表しました。この FAQ は、スーパーファンド化学品物品税とは何か、どのように計算されるのか、誰がこの税を負 うことになるのか、について詳しく説明するものとして位置づけられています。この情報公開は、影響を受ける可能性のある納税者や税務専門家に向けられた者として位置づけられています。

 特定の化学品や輸入化学品に課される物品税は、インフラ投資雇用法(IIJA)により、2022年7月1日から復活することとなります。

 スーパーファンド化学品の物品税は、「課税化学品」の販売または使用に対する課税と、「輸入課税化学品」の販売または使用に対する課税の2つに分かれています。

 具体的には、課税化学物質の製造業者、生産業者、輸入業者が課税化学物質を販売または使用した場合に課税されるとのことです。

 FAQが発行された時点では、151の物質が課税対象物質としてリストアップされています。この数は、課税対象物質の追加や削除に伴い、変更される可能性があるとされています。

FAQ項目

Q1. スーパーファンド化学品物品税とは?
Q2. スーパーファンド化学品物品税はいつから施行されるのか?
Q3. 課税化学品とは何ですか?
Q4. 課税化学物質とは何ですか?
Q5. 課税化学物質の追加・削除はどのように行われるのですか?
Q6. §4661の税金の計算方法は?
Q7. 私は課税化学物質の輸入業者です。§4671の税額はどのように計算するのですか?
Q8. 輸入者がセクション4671の税額を計算しない場合はどうなりますか?
Q9. IRS は、課税化学物質の税率を規定するのか?
Q10. スーパーファンド化学品物品税は、誰が申告・納付するのか?
Q11. スーパーファンド化学品物品税は、どのように申告するのか?
Q12. 最初の申告期限はいつですか?
Q13. 半月ごとの入金は必要ですか?
Q14. どのような場合に登録が必要なのですか?
Q15. アクティビティレターGの登録申請状況を確認する方法はありますか?

参考
■ FAQ/IRS


本記事の著作権は、株式会社先読に帰属します。なお、記事の相互掲載について、当社と株式会社先読との間で合意がなされています。
転載元:株式会社先読 (URL: https://www.sakiyomi.co.jp/)

イベント情報

Online開催
2020.10.19-11.18
 
横浜開催
 
東京開催
2018.11.05/08
第二回化学物質管理政策最新動向セミナー【TWN】【KOREA

 ホーム ニュースリリース 米国|内国歳入庁、スーパーファンド化学品物品税の復活に係わるFAQを公表